• トップ
  • コラム
  • 自己破産より良い? 個人民事再生が適しているケースは

自己破産より良い? 個人民事再生が適しているケースは

自己破産より良い? 個人民事再生が適しているケースは

負債を背負った場合の債務整理の方法として、自己破産の他に「個人民事再生」というものがあります。
この個人民事再生の方法と、個人民事再生が適しているケースについてご紹介してきます。

 

個人民事再生とは

自己破産の場合、借金(債務)がゼロになりますが、マイホームなど一定以上の価値のある財産は原則として差し押さえられ、手放す事となります。

また、自己破産を行うと士業や警備員などの一定の職業に就くことが原則一定期間制限されます。
一方で個人民事再生の場合、マイホームの処分や、職業の制限が求められる事はありません。

ただし、その分、概ね負債の1/5の額を支払う必要があります。これが自己破産と個人民事再生の違いです。

 

個人民事再生の条件

加えて自己破産は誰でも行えますが、個人民事再生は一定の条件を満した方でないと行えません。

個人民事再生が行える主な条件は以下となります。
・債務者が個人である(法人などではない)
・住宅ローンを除いた借金総額が5000万円以下である
・以後3年から5年の間に、継続的に安定した収入を得る見込みがある
・債務を3年(例外で5年)で債権者へ返済することができる

個人民事再生の場合、債務の1/5を返済する必要がありますので、その返済能力があるかが焦点となります。
このため、安定した職に就いており(もしくは安定した事業を行っており)、定期的な収入が確保されていないと、返済能力が無いとみなされ個人民事再生を行う許可が下り難くなります。

 

個人民事再生が適しているケース

個人民事再生が適しているケース

個人民事再生が適しているのは主に以下の様なケースです。
・マイホームを残したい
・職業が制限される事を回避したい
・債務の額がそれほど多くはなく、時間を掛ければ借金の一部を返済できる
・安定した収入がある

債務の額がそれほど大きくなく、マイホームを残したい方は個人民事再生が向いています。
一方で、事業などで大きな失敗をし多額の借金(債務)がある場合は、自己破産をしてしまった方が良い場合もございます。

 

貴方に合っているのはどちらか?

個人民事再生はメリットもありますがデメリットとなる部分もあります。
自己破産と個人民事再生どちらにするかは、専門家の意見も取り入れつつ慎重に判断する事をおすすめします

 

債務整理実績11,468(2016/10現在)

その実績が認められ、日経産業新聞に掲載されました。(2012年4月27日)

無料相談・お問い合わせ

【平日】9:00~18:30
【土・日・祝日】10:00~17:00

埼玉県
川口市 蕨市 戸田市 鳩ヶ谷市朝霞市 志木市 和光市 新座市 三芳町 富士見市越谷市 草加市 春日部市 八潮市 三郷市 ふじみ野市吉川市 松伏町 さいたま市 鴻巣市 上尾市 鶴ヶ島市桶川市 北本市 伊奈町 川越市 坂戸市 東松山市越生町 川島町 毛呂山町 滑川町 嵐山町 小川町 吉見町 鳩山町 ときがわ町 所沢市 飯能市 東秩父村狭山市 入間市 日高市 行田市 加須市 羽生市久喜市 蓮田市 幸手市 騎西町 菖蒲町 大利根町宮代町 白岡町 北川辺町 栗橋町 鷲宮町 杉戸町熊谷市 本庄市 深谷市

債務整理とは、債務者が多額の借金を抱えた場合、多重債務に陥ってしまった場合に、借金を確実に返済することです。債務整理とひとくちに言っても、任意整理・個人民事再生・自己破産・過払い請求・特定調停と、その方法は様々。お客様の借金の総額や取引年数、現在の収入資産などに応じて最適な解決方法をご提案いたします。

一人で悩まず、債務整理は埼玉県のくすの木総合法務事務所にお任せ下さい。

鶴ヶ島市、川越市、坂戸市、日高市、東松山市を中心に土日も相談可能です。