過払い金請求にあるメリット・デメリット

過払い金請求にあるメリット・デメリット

「過払い金請求」というものを最近目にすることが多くなってきました。
2010年以前、借金の金利には「利息制限法の20%」と「出資法の29.2%」という2つの上限が存在し、多くの金融業者は出資法に基づいて金利を設定していました。

この金利制限法以上、出資法未満の部分がいわゆる「グレーゾーン金利」となりますが、これは本来払わなくてもいい部分です。
その払わなくても良い部分、つまり払い過ぎていた部分は取り戻せます。これを過払い金請求といいます。
過払い金請求には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

メリット1 お金が戻ってくる

2010年に法律が改正され、出資法も利息の上限が20%に制限されるようになりました。

なお、2006年に政府はグレーゾーン金利の撤廃を発表しているため、実際には2006年以前の借入で20%以上の金利がついているものなら、利息を払い過ぎているということになります。
その払い過ぎた部分についてはお金を返してもらえます。

まだ返済が残っている場合にはその払い過ぎている部分を返済に充てることも可能です。

 

メリット2 利息をつけてもらえることがある

過払い金の発生が明らかになった時点から利息が発生します。
過払い金請求をすると、この利息をつけて返金してもらえることがあります。

 

メリット3 過払い金請求はブリックリスト対象外

すでに返済が終わっている借金の過払い金請求に関しては、ブラックリスト対象外です。
信用情報に傷がつくことはありません。

 

メリット4 専門家に依頼するだけ

請求手続きは司法書士や弁護士などの専門家に依頼すれば、肩代りしてくれます。
金融業者とのやり取りも行ってくれるので、依頼者は払われるのを待つだけです。

一方でデメリットもあります。

 

デメリット1 「過払い金請求をした」金融業者のカードは使いにくくなる

過払い金の請求をした金融業者からは、原則として融資を受けることができなくなり、カードも使えなくなる可能性があります。
ただし、他の金融機関のカードには影響がありませんので、大きなデメリットではありません。

また、融資を受ける時点で収入が安定していれば、過去に過払い金請求をした金融業者であっても再び融資をしてくれることもあります。

 

デメリット2 返済中の過払い金請求はブラックリスト対象になる可能性がある

返済中の借金に対する過払い金請求は債務整理という行程になりますので、その情報がブラックリストの対象になります。
ただし、過払い金で借金が返済し終わるというケースは債務整理の登録情報に一旦登録されるものの、すぐに消されるのでブラックリストには残りません。

 

デメリット3 完済後10年までしか請求できない

デメリット3 完済後10年までしか請求できない

過払い金の請求権は完済後10年以内で消滅します。完済してから10年以上経過していると、請求することができません。
もし払い過ぎている利息があり取り戻したいと考えているなら、司法書士や弁護士などの専門家に相談するのが一番です。

過払い金請求にはメリットもデメリットもありますが、メリットのほうが上回っていると感じるなら、タイムリミットを迎える前に行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

 

債務整理実績11,468(2016/10現在)

その実績が認められ、日経産業新聞に掲載されました。(2012年4月27日)

無料相談・お問い合わせ

【平日】9:00~18:30
【土・日・祝日】10:00~17:00

埼玉県
川口市 蕨市 戸田市 鳩ヶ谷市朝霞市 志木市 和光市 新座市 三芳町 富士見市越谷市 草加市 春日部市 八潮市 三郷市 ふじみ野市吉川市 松伏町 さいたま市 鴻巣市 上尾市 鶴ヶ島市桶川市 北本市 伊奈町 川越市 坂戸市 東松山市越生町 川島町 毛呂山町 滑川町 嵐山町 小川町 吉見町 鳩山町 ときがわ町 所沢市 飯能市 東秩父村狭山市 入間市 日高市 行田市 加須市 羽生市久喜市 蓮田市 幸手市 騎西町 菖蒲町 大利根町宮代町 白岡町 北川辺町 栗橋町 鷲宮町 杉戸町熊谷市 本庄市 深谷市

債務整理とは、債務者が多額の借金を抱えた場合、多重債務に陥ってしまった場合に、借金を確実に返済することです。債務整理とひとくちに言っても、任意整理・個人民事再生・自己破産・過払い請求・特定調停と、その方法は様々。お客様の借金の総額や取引年数、現在の収入資産などに応じて最適な解決方法をご提案いたします。

一人で悩まず、債務整理は埼玉県のくすの木総合法務事務所にお任せ下さい。

鶴ヶ島市、川越市、坂戸市、日高市、東松山市を中心に土日も相談可能です。