特定調停の相談の様子

まず最初に、受け付け用紙に、氏名・住所・連絡先・家族構成や職業などを記入していただきます。
ご記入いただいた後に、お借り入れの状況をお伺いしていきます。

特定調停の相談の様子 01現在の債務と家計の状態の確認

司法書士「では、現在のお借り入れの状況について、どこからいくらぐらい借り入れがあるというように教えていただけますか?」
ご相談者様「はい。自動車ローンが約150万、カード会社Aから約30万円、カード会社L社から約50万円、カード会社S社から約50万円です。」
司法書士「わかりました。では、全部で4社で、合計は…大体300万円ぐらいですね。各社との取引の期間を教えていただきたいのですが、各社いつぐらいから取引を開始されましたか?」
ご相談者様「A社は古くて、約7年前から取引があります。P社とL社は約3年ぐらい、S社はまだ借り始めて1年ぐらいです。正直、今後今の利息を払い続けていくのは嫌だなと思っていまして、さらに車を手放したくないので、特定調停なども考えています。。」
司法書士「なるほど。確かに自己破産の場合はお持ちの資産は全て失ってしまいます。今までに特定調停の手続きに関して話をお聞きになられたことはございますか?」
ご相談者様「いえ、ないです。」
司法書士「そうですか。特定調停は、簡単に言うと指定した債務のみ裁判所を通して減額してもらう手続きです。
ですので、例えば自動車ローンは金利も低いですしこの先払っていけそうと言うのであればそのままに。カード会社のA、L、Sのみ特定調停の手続きにて減額をすることができます。ですが、公的な手続きのため今後特定の職業には就けなくなってしまいます。また、減額できる金額も他よりも小さく、手続きも全てご自身で行う必要があり、貸金業者に取引履歴の照会をする必要があります。」
ご相談者様「そうなんですね。それは大変そうですね。」
司法書士「はい、そうなんです。私が思うにお相談者様には任意整理の手続きがおすすめかと思います。少し整理してご説明しますが、任意整理というのは、裁判所は通さず、任意で債権者と支払い方法等についての話し合いを司法書士が代行し、和解するという手続きです。その手続きの中で、法定の上限を超える利率の契約があれば、利息制限法による計算を行います。また、将来の利息の免除を交渉します。そして毎月の支払額を、無理なく支払える金額に下げてもらうという手続きです。」
ご相談者様「わかりました。大体いくらくらいに減額されるのでしょうか。」
司法書士「ご状況などにより変わってくるのですが、債務合計が150万円くらいの場合は毎月3万円ほど。200万円であれば4万円ほどといった具合です。」
ご相談者様「そうなると今よりも全然やすくなりますね!」
司法書士「そうですね。借金のある方で任意整理をして減額がないと言うケースはほとんどありません。」
ご相談者様「なるほど、では早速その方向で検討していきたいです。よろしくお願いします。」

チェックポイント

債務整理には様々な手続きがあります。ご相談者様の状況をお伺いした上で、あらゆる面を考慮し最適な手続きの案内をするケースもございます。

債務整理実績11,468(2016/10現在)

その実績が認められ、日経産業新聞に掲載されました。(2012年4月27日)

無料相談・お問い合わせ

【平日】9:00~18:30
【土・日・祝日】10:00~17:00

埼玉県
川口市 蕨市 戸田市 鳩ヶ谷市朝霞市 志木市 和光市 新座市 三芳町 富士見市越谷市 草加市 春日部市 八潮市 三郷市 ふじみ野市吉川市 松伏町 さいたま市 鴻巣市 上尾市 鶴ヶ島市桶川市 北本市 伊奈町 川越市 坂戸市 東松山市越生町 川島町 毛呂山町 滑川町 嵐山町 小川町 吉見町 鳩山町 ときがわ町 所沢市 飯能市 東秩父村狭山市 入間市 日高市 行田市 加須市 羽生市久喜市 蓮田市 幸手市 騎西町 菖蒲町 大利根町宮代町 白岡町 北川辺町 栗橋町 鷲宮町 杉戸町熊谷市 本庄市 深谷市

債務整理とは、債務者が多額の借金を抱えた場合、多重債務に陥ってしまった場合に、借金を確実に返済することです。債務整理とひとくちに言っても、任意整理・個人民事再生・自己破産・過払い請求・特定調停と、その方法は様々。お客様の借金の総額や取引年数、現在の収入資産などに応じて最適な解決方法をご提案いたします。

一人で悩まず、債務整理は埼玉県のくすの木総合法務事務所にお任せ下さい。

鶴ヶ島市、川越市、坂戸市、日高市、東松山市を中心に土日も相談可能です。