可能? 不可能? 2回目の自己破産について

可能? 不可能? 2回目の自己破産について

1度自己破産をされた方の中には「自己破産に2回目はあるの?」と疑問を持たれている方もいるかもしれません。
結論から言いますと「場合によっては可能」です。
自己破産は自身の財産のほぼ全てを失ったり、ローンを利用できなくなったりとさまざまなデメリットがあります。
出来るなら回避すべきですが、借金で苦しんでしまっている方にとっては重要なことでしょう。

2回目の自己破産を行う際に重要となるポイントがいくつかあります。

 

前回の破産から7年以上が経過した場合

1度目の自己破産からどれくらい経過しているかがポイントになります。
7年間が経過していない場合には明確な免責不許可事由にあたります。

そのため、免責を求めるのはとても難しいでしょう。
反対に言えば前回の破産から7年が経過している場合には2回目だからといって、すぐに免責不許可が下されることはありません。

 

債務の理由がやむを得ない場合

前回に免責許可を受けてから7年以上が経過しており、2回目の自己破産に至った経緯や債務の理由がやむを得ない事情だと判断されると、免責を下される可能性があります。
以下のような場合はやむを得ない事情だと判断される可能性があります。

・病気などを理由に借金がかさんでしまった
・リストラによって働き口がなくなり、生活が困窮した
・家族の不要負担に伴う生活苦や支出の増加
・連帯保証人を引き受けた借金の債務者が破産した

反対に債務の理由が「必要のない買い物による借金」や「ギャンブルなどの浪費」だった場合には更生の余地なしと判断されて、免責許可が下りる可能性が低くなります。

 

免責が不許可になったらどうなる?

専門家に依頼することがオススメ

裁判で免責が不許可になった場合には、原則として消滅時効を迎える10年後まで貸金業者からの請求に応じて借金を支払う必要があります。
しかし、自己破産の手続きを行うということは返済能力がないことを証明しています。
債権者側もお金を回収できない相手に対して返済を請求しても意味がないので、何もしないというケースもあります。

 

専門家に依頼することがオススメ

2回目の自己破産を行うにあたって、まずは他の解決策がないのかについて考えてください。借金を解決する方法としては、任務整理や個人再生という方法もあります。
自己破産を決断された後は、専門家の力を借りることをオススメします。
手続きを個人で行うと大変ですし、書類の内容に関しても専門家のアドバイスを受けずに作成することは困難です。
2回目だからと気負わずに、専門家にご相談してはいかがでしょうか。

 

債務整理実績11,468(2016/10現在)

その実績が認められ、日経産業新聞に掲載されました。(2012年4月27日)

24H無料相談・お問い合わせ

【平日】9:00~18:30
【土・日・祝日】10:00~17:00
※電話相談は24時間対応です。

埼玉県
川口市 蕨市 戸田市 鳩ヶ谷市朝霞市 志木市 和光市 新座市 三芳町 富士見市越谷市 草加市 春日部市 八潮市 三郷市 ふじみ野市吉川市 松伏町 さいたま市 鴻巣市 上尾市 鶴ヶ島市桶川市 北本市 伊奈町 川越市 坂戸市 東松山市越生町 川島町 毛呂山町 滑川町 嵐山町 小川町 吉見町 鳩山町 ときがわ町 所沢市 飯能市 東秩父村狭山市 入間市 日高市 行田市 加須市 羽生市久喜市 蓮田市 幸手市 騎西町 菖蒲町 大利根町宮代町 白岡町 北川辺町 栗橋町 鷲宮町 杉戸町熊谷市 本庄市 深谷市

債務整理とは、債務者が多額の借金を抱えた場合、多重債務に陥ってしまった場合に、借金を確実に返済することです。債務整理とひとくちに言っても、任意整理・個人民事再生・自己破産・過払い請求・特定調停と、その方法は様々。お客様の借金の総額や取引年数、現在の収入資産などに応じて最適な解決方法をご提案いたします。

一人で悩まず、債務整理は埼玉県のくすの木総合法務事務所にお任せ下さい。

鶴ヶ島市、川越市、坂戸市、日高市、東松山市を中心に土日も相談可能です。